トラヤ

【釣具紹介】豆アジ専用ジグヘッドが手放せない【MAGBITE』

豆アジ専用ジグヘッド

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです。
青森県太平洋のアジングシーズン開幕まで1か月といったところですが、ここら辺で私トラヤがアジングを楽しむためのマストアイテムをご紹介しておきたいなと。

トラヤ
トラヤ
その名も『小悪魔ジグヘッド(MAGBITE)』!!

サイアジ読者およびツリバカメラのフォロワーの皆様にとってはお馴染みのアイテムですが、私はこのジグヘッドをもはや手放すことができません。
ということで今回は、自他ともに認める小悪魔ジグヘッドヘビーユーザーである私がその魅力についてものすごい熱量で語って(書いて)いこうと思います!

小悪魔ジグヘッドを一年中使い倒す男

マグタンクの中身

はい、私です。
誰に聞かれたわけでもないのに、小悪魔ジグヘッドの魅力を伝えたくて伝えたくて仕様がない私なのです。

ちなみに小悪魔ジグヘッドには“豆アジ専用”という前置きがあり、「アタルけど乗らないストレス」を解消するために開発されたのだとか。
操作感の強いファットなヘッドに、フッ素コーティングが施された超細軸フック(#14)を採用していて、ビックリするほどサクッと刺さってくれちゃいます。

このジグヘッドに変えてからバラシが大幅に減少しただけでなく、ショートバイトが多い日でもしっかり結果を残せるようになりました。

小悪魔ジグヘッドのいい所

釣れたアジ

豆アジ専用とうたいつつ20mUPのアジにも問題なく使えます。
それどころか40cmUPのサバとパワフルなファイトをしても折れ知らずで、「こんなに細いのにすごいな…」といつも感心するばかり。

ラインナップは0.4/0.6/0.8/1.0/1.3/1.5gと幅広く、様々なシーンやパターンに対応できるのも魅力。
ちなみに私トラヤのフッキング最小サイズは4㎝ほどの稚アジで、使っていたワームは同社のブーティーシェイク(1.4インチ)でした。

小悪魔ジグヘッドの残念な所

アクアライブバケツ

ハッキリ言って全くありません。
強いて言えば近隣のショップで取り扱いがないことくらいですかね。

価格も1パック5個入り350円(税別)とリーズナブルですし、フックが小さいといってもワームをセットしにくいほどではありません。
むしろ、フックが小さいおかげなのか根がかりしにくいような気さえしています。

実際に初めてのフィールドでもロスト率が低く、それでいて結果はちゃんと出るので使わない理由がないです。

今年もお世話になります!!

ジグヘッドケース

これまで様々なジグヘッドを使ってきましたが、これほど使いやすいジグヘッドはありませんでした。
それなのに未だに釣り場で使っている人を見たことがないから不思議です。

ちなみにこの小悪魔ジグヘッド、昨年からバリューパック(20個入り1,300円)が新登場。
バラで同個数を買うより100円ほどお得になるので、私のようなウルトラヘビーユーザーからすると「ありがとう!!」の一言に尽きます。

ということで誠に勝手ながら今回は、小悪魔ジグヘッドの魅力について嬉々と語らせて(書かせて)いただきました。
ダイソーのマイクロジグというコスパ最強の飛び道具も入手しましたし、今年のシーズンインが楽しみでなりません。

今シーズンもアジを探して釣って食べまくりますので、サイホクアジングを引き続きよろしくお願い申し上げます!

※釣りに行く際はライフジャケットとマスクを着用しましょう!
※漁港内では漁師さん達の邪魔にならないようにしましょう!
※立ち入り禁止ポイントには入らず、マナーを守って楽しく釣りましょう!

【入門者向け】アジングタックルのおすすめ【ロッド/リール/ライン】

【釣行#10】4月になったけど何か釣れるの?【青森県太平洋側】

4月20日

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです。
ほぼ3週間ぶりの更新となってしまいましたが、ただサボってたわけではございませんよ!

トラヤ
トラヤ
釣りに仕事に家事にと頑張っております!

「サボってないならなんでUPしないの?」
「釣果はよ」

なんて声がどこからともなく聞こえてきますが、今回は久しぶりの釣行記事です。
ということで、早速ですが内容にいきましょう!

4月の青森県太平洋側

4月の青森県太平洋側

日中の気温が10℃を超えるようになり、たまに20℃近い日があったりとすっかり春らしくなりましたね。
県内では陸奥湾でウミタナゴが確認され始めましたし、多くの釣り人が「いよいよか?」とソワソワしている今日この頃。

トラヤ
トラヤ
ラインの巻き直しやツールの補充はできてますか?

さて、私トラヤはといいますと4月に入ってからスケジュール的に早起きする毎日ですので、ついでに近所の漁港をのぞきに行っています。
3日に1回は夜の漁港に行って常夜灯周りをチェックしていますが、まだそれらしい魚影は残念ながら確認できておりません。

シーズンインは5月?

カジカ

例年ですと青森県太平洋側はGWを皮切りに漁港が賑わい始めます。
ウミタナゴが釣れ始めるのは4月中旬以降、アジが6月以降となっており、昨年で言えば5月中はアイナメが好調でした。

ウミタナゴ

本日が4月20日ですので、そろそろ「ウミタナゴがついた」という声が聞こえてきても良さそうですが、はたしてどうなっているのでしょうか?
ツリバカメラを見ても釣果はアイナメとクロソイばかり。

地元の餌師さん達も、竿を出している様子はまだないのが気になります。

ショアジギ×アジング

タイドグラフ

まだかいつかと悩んでいても始まらないので、時間があるなら竿を出すのがサイアジ流。
ということで、4月1日から連日1時間ほどアジングタックル片手に漁港に通い、とにかく投げまくってます。

ダイソージグ

本日は気分転換に何か釣れればとショアジギングもしてきました。
ルアーはロストしても痛くない新型ダイソージグ。強風の中30分ほどキャストし、その後いつもの漁港に移動して30分ほどアジング。

チャッキー1.8インチ

この日はクロソイの当たりもありませんでしたが、6時前になるとベイトの姿が確認できるようになりました。
昨年は5月中からカレイやサバが釣れていましたから、「今年も釣れるといいなぁ」なんて思いつつボウズで納竿です。

引き続き通い続けます

ベイトの群れ

時間が許せば種差や種市にまで足を伸ばしたいところですが、5月まではこのまま近所の漁港に通い続けます。
大本命のアジが釣れるとは思っていないものの、もしかしたら何か違った魚が釣れてくれるかもしれないですからね。

ということで、早朝の漁港でトラヤを見かけたら気軽にお声掛けくださいませ!
サイアジ読者の皆様と竿を並べるのも楽しみの一つとしつつ、朝の海を眺めます。

※釣りに行く際はライフジャケットとマスクを着用しましょう!
※漁港内では漁師さん達の邪魔にならないようにしましょう!
※立ち入り禁止ポイントには入らず、マナーを守って楽しく釣りましょう!

【釣行#9】春を告げる『サクラマス』をサーフから狙う【LSJ】