【近況報告】5月末のアジング事情について【青森県太平洋側】

  • LINEで送る
アジング事情

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです。
太平洋側でアジが釣れるようになり、早朝の漁港にもちらほらと釣り人の姿が見られるようになりましたね。

トラヤ
トラヤ
朝4時から竿を振りまくってる不審者は私です!

5月末といえども青森県の朝は肌寒い!
早くTシャツ1枚で釣りに行きたいな〜なんて思いつつ、ここ最近のアジング事情をご紹介します。

釣りやすさ断トツの『小舟渡漁港』

小舟渡漁港

サイアジにも幾度となく登場している小舟渡漁港は、1年を通して何かしらの魚が釣れてくれる中規模漁港です。
アジングポイントは季節や時間によって微妙に変わり、この5月末時点では早朝4〜5時でしか釣れてくれません。

大潮中だけ5時半頃までポツポツ釣れたものの、その後は全く釣れなくり、夕マズメ以降は海タナゴの楽園と化します。
そういえば、今朝はイワシを咥えたアメマスがゆったり泳いでたなぁ。

県南太平洋側における最強説『大蛇漁港』

大蛇漁港

シーズン中は数とサイズともに期待できる大蛇漁港は、小舟渡漁港より少しだけ長く釣れてくれるもののやはりパタッと釣れなくなります。
5月末時点では小サバの数は多くなく、早朝であれば比較的楽しみやすい漁港と言えそうです。

すでに豆アジが結構いるので、テクニカルなアジングを楽しみたい方にもおすすめ。

魚種が豊富で五目釣りもできる『種差漁港』

種差漁港

小舟渡、大蛇と比べて風が強く吹く種差漁港は、いろいろな魚が入ってくるためアジがいなくとも何かしら釣れてくれます。
5月30日に行ったときは、小サバだけでなく15cmほどのイワシまで果敢にアタックしてきました。

上〜中層でサバ、中層〜ボトムでイワシということで「アジどこなのん…(泣)」って感じですが、1時間半でどうにか4匹GET。
例年だとこれからサバがさらに増え、港内では豆アジが釣れ始めるでしょう。

漁師さんに迷惑をかけないように釣りをしよう!

小舟渡のアジ

早朝の漁港は船の往来が多く、アジの回遊が期待できる潮通の良いポイントは慌ただしいです。
船が来たのに無視したり、気づかずに釣りを続けると、漁師さんに多大な迷惑をかけるので気をつけましょう。

本来、漁港は漁師さん達の職場であり、私たち釣り人は勝手にお邪魔している立場であることを忘れてはいけません。
これ以上釣り禁止ポイントを作らないためにも、邪魔になるところに車を停めない、出したゴミは持ち帰るなど最低限のマナーを守って、今後も楽しく安全に釣りを楽しみたいものですね。

※釣りに行く際はライフジャケットとマスクを着用しましょう!
※漁港内では漁師さん達の邪魔にならないようにしましょう!
※立ち入り禁止ポイントには入らず、マナーを守って楽しく釣りましょう!

【朗報】ついに近所の漁港でアジが釣れました【シーズン開幕】