【あなたはどっち派?】八戸テクビイカor階上ヤリイカ【年末ライトエギング】

  • LINEで送る
八戸ヒイカor階上ヤリイカ

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです!
アジに会いたいのになかなか会えず、日々悶々としていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

12月初めに釣れたアジ

▲ア・・・アジが釣りたい・・・!

さて今回はといいますと、いよいよシーズンが本格化するライトエギングのターゲット“ヒイカ(テクビイカ/ジンドウイカ)”と“ヤリイカ”をピックアップ!
現在の青森県太平洋側は八戸でヒイカ、階上でヤリイカと面白いことになってますので、この年末はイカ三昧でいきましょう!

アジングタックルでライトエギング

豆エギ

▲1.5号の豆エギ(アジカラー)

サイアジでは度々アジングタックルを流用できる釣りをご紹介していますが、まったり釣りしたいならやっぱりライトエギングですよね。
エギは1.5~2号と小さめのものを使用。一般的なエギングと違って、アクションのシャクリもやや控えめです。

ポイントは常夜灯があればベストですが、明かりがなくても潮通しが良ければいる可能性が高いので、「ここ良さそうだな」と思ったら迷わず打ってみましょう。
探り方はアジング同様に表層→中層→低層がセオリー。アジングで培った“カウントメートル法”でイカのいるレンジをいち早く見つける事が釣果への第一歩です。

ライトエギングのおすすめポイント

基本的にはどこでも釣れる可能性があるヒイカとヤリイカですが、12月ということで寒さが厳しいので車を横付けできたり、足場が良いなど釣りやすさを大切にしたいところ。
それから今後さらに気温が下がれば道路が凍結することもあるため、アクセスのしやすさにも重点を置きたいですよね。

ということで、サイアジ編集部が(というかトラヤが個人的に)おすすめするポイントは以下の2ヶ所となっています。

八戸:第三魚市場裏側

第三魚市場の裏

▲ヒイカ狙いならやっぱり館鼻!ではなくちょい手前がおすすめです。

向かい側には常夜灯ギンギンの超一級ポイントがありますが、とても人気なのでいい場所がとれるかどうかは運次第。
一方で第三魚市場裏は置き竿をしている方がちらほらいるだけで選り取り見取り。

潮の流れがやや速いものの、良い日に当たれば1投1杯ペースで1時間近く釣れ続けることもあるのだとか。

階上:小舟渡漁港

小舟渡漁港

▲アジを狙うのとほぼ同じ場所でOK!

八戸と同じように車がすぐ近くに止められて、足場のいいポイントとなればやっぱりココ。
外海側の堤防先端から投げてもいいですが、高さがあるのでライトエギングにはあまり向いていません。

港内のためイカの回遊次第にはなるものの、常夜灯もありますし釣りやすさで選ぶなら絶対に外せないポイントです。

釣ったイカを“沖漬け”にしてみよう!

ヤリイカ

▲小舟渡で釣れたヤリイカ。一旦バケツに入れて墨を吐かせるといいですよ。

とにもかくにもイカがつれたらそのまま持ち替えるのもいいですが、せっかく生きているのですから“沖漬け”にしないのはあまりにもったいない!
ちなみに沖漬けというのはイカや魚を醤油に漬け込んだ料理のことです。イカの場合は生きたまま醤油や麺つゆに投入し、タレを飲み込ませることで内側から味をつけることができます。

イカの沖漬け軍艦巻き。

ヒイカの沖漬け軍艦巻き。ショウガを乗せても負けないほどヒイカはうま味があります。

漬け込み1日目は新鮮なイカのコリコリとした食感とタレの味が楽しめ、2日3日と日が経つにつれてさらに味が染み込んでまた違った美味しさに進化します。
そのまま食べても絶品ですが、我が家ではアニサキス対策も含めて細かく切り、酢飯を作って軍艦巻きにするのが定番。

釣ったイカはどう食べても美味しい!

ヒイカはうま味(甘み)が強く、ヤリイカはお刺身にぴったりのコリコリ感が強いですよね。
どちらも生でよし、焼いてよし、煮てよしといろいろな食べ方ができますので、その時の気分に合わせて狙い分けるのもいいでしょう。

ただし、イカにはアニサキスなどの寄生虫がいる可能性もありますので、不安な方は冷凍するなり加熱処理するなどしてしっかり対策することをおすすめします。
冬の釣りで持ち帰った魚は、寒さに負けず頑張った自分へのご褒美。

しっかり美味しくいただいちゃいましょう!

※釣りをするときは、安全のためにライフジャケットを必ず着用しましょう。
※漁師さん達の邪魔にならないようにしましょう!
※マナーを守って楽しく釣りましょう!

【釣行#7】”ゼロ感度”上等!極寒の2時間チャレンジ【アジング×ショアジギ】