【釣具紹介】豆アジ専用ジグヘッドが手放せない【MAGBITE』

  • LINEで送る
豆アジ専用ジグヘッド

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです。
青森県太平洋のアジングシーズン開幕まで1か月といったところですが、ここら辺で私トラヤがアジングを楽しむためのマストアイテムをご紹介しておきたいなと。

トラヤ
トラヤ
その名も『小悪魔ジグヘッド(MAGBITE)』!!

サイアジ読者およびツリバカメラのフォロワーの皆様にとってはお馴染みのアイテムですが、私はこのジグヘッドをもはや手放すことができません。
ということで今回は、自他ともに認める小悪魔ジグヘッドヘビーユーザーである私がその魅力についてものすごい熱量で語って(書いて)いこうと思います!

小悪魔ジグヘッドを一年中使い倒す男

マグタンクの中身

はい、私です。
誰に聞かれたわけでもないのに、小悪魔ジグヘッドの魅力を伝えたくて伝えたくて仕様がない私なのです。

ちなみに小悪魔ジグヘッドには“豆アジ専用”という前置きがあり、「アタルけど乗らないストレス」を解消するために開発されたのだとか。
操作感の強いファットなヘッドに、フッ素コーティングが施された超細軸フック(#14)を採用していて、ビックリするほどサクッと刺さってくれちゃいます。

このジグヘッドに変えてからバラシが大幅に減少しただけでなく、ショートバイトが多い日でもしっかり結果を残せるようになりました。

小悪魔ジグヘッドのいい所

釣れたアジ

豆アジ専用とうたいつつ20mUPのアジにも問題なく使えます。
それどころか40cmUPのサバとパワフルなファイトをしても折れ知らずで、「こんなに細いのにすごいな…」といつも感心するばかり。

ラインナップは0.4/0.6/0.8/1.0/1.3/1.5gと幅広く、様々なシーンやパターンに対応できるのも魅力。
ちなみに私トラヤのフッキング最小サイズは4㎝ほどの稚アジで、使っていたワームは同社のブーティーシェイク(1.4インチ)でした。

小悪魔ジグヘッドの残念な所

アクアライブバケツ

ハッキリ言って全くありません。
強いて言えば近隣のショップで取り扱いがないことくらいですかね。

価格も1パック5個入り350円(税別)とリーズナブルですし、フックが小さいといってもワームをセットしにくいほどではありません。
むしろ、フックが小さいおかげなのか根がかりしにくいような気さえしています。

実際に初めてのフィールドでもロスト率が低く、それでいて結果はちゃんと出るので使わない理由がないです。

今年もお世話になります!!

ジグヘッドケース

これまで様々なジグヘッドを使ってきましたが、これほど使いやすいジグヘッドはありませんでした。
それなのに未だに釣り場で使っている人を見たことがないから不思議です。

ちなみにこの小悪魔ジグヘッド、昨年からバリューパック(20個入り1,300円)が新登場。
バラで同個数を買うより100円ほどお得になるので、私のようなウルトラヘビーユーザーからすると「ありがとう!!」の一言に尽きます。

ということで誠に勝手ながら今回は、小悪魔ジグヘッドの魅力について嬉々と語らせて(書かせて)いただきました。
ダイソーのマイクロジグというコスパ最強の飛び道具も入手しましたし、今年のシーズンインが楽しみでなりません。

今シーズンもアジを探して釣って食べまくりますので、サイホクアジングを引き続きよろしくお願い申し上げます!

※釣りに行く際はライフジャケットとマスクを着用しましょう!
※漁港内では漁師さん達の邪魔にならないようにしましょう!
※立ち入り禁止ポイントには入らず、マナーを守って楽しく釣りましょう!

【入門者向け】アジングタックルのおすすめ【ロッド/リール/ライン】