【活用術】アジングタックルを流用して色んな魚を釣ろう!

  • LINEで送る
アジングタックル流用

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです!
実は先日釣り場にて、「アジング楽しそうですよね~。一式揃えたいところだけどアジ専用っていうのがちょっとなぁ・・・」と悩んでいる方に会いました。

なるほど、細いロッドに小さめのリール、仕上げにアジングタックルなんて言うものだから、アジ釣りにしか使えないと思うのも無理はありません。

トラヤのアジングタックル

▲トラヤ愛用のアジングタックル。

ということで今回は、アジングタックルを流用して狙えるターゲットや釣り方をご紹介します。
すでにアジングにドップリな方は気分転換にもおすすめですよ。

アジングタックルって?

アジの繊細なアタリを拾えるように設計された5~7フィートほどのロッドに、1000~2000番の比較的小さなリールをセットしたタックルです。
ラインはPEなら0.3号前後の細いものを使用し、1gを基準とした超軽量ジグヘッドワームをセットして使用します。

マグタンクの中身

▲アジングに使用するジグヘッドとワーム。

リーダーの有無については分かれる所ですが、サイアジ編集部ではリーダー有りを激しく推奨。
理由はこちら↓の記事をチェックしてくださいね!

【必要or不要】ショックリーダーの必要性について【アジング】

アジングタックルで狙えるターゲット

アジングタックルのおさらいを済ませたところで、いきなりですが狙えるというか釣れるお魚達をご紹介します。
釣法が確立しているものがいくつかありますから、アジ以外を釣ってみたい方はそこから入るといいですよ。

サバ

サバ

アジングの外道としてお馴染みですよね。
15cm程度の小鯖から30cmオーバーまで釣れることがあり、アジとは明らかに違うひったくるようなアタリと、特有のバイブレーションで釣って楽しい食べて美味しい魚です。

アジングタックルでサバをメインにするなら、巻きよりもフォールを意識しましょう。
2g以上のジグヘッドにグラスミノーSなどのブリブリしたワームをセットしすると効果的ですよ。

メバル

メバル

アジと並ぶライトゲームの定番ターゲットであり、メバル狙いで釣ることを通称“メバリング“といいます。
アジングとの違いはターゲットだけですが、メバルは根魚だけあって小型でも引きはかなり強め。

冬場の数少ないターゲットの一種であり、青森県ではソイと並行して狙う方が多いようですね。
タックルだけでなくジグもそのまま流用できるので、メバルの居場所さえわかればコストを掛けずに楽しめます。

ハゼ

ハゼ

アジングタックルを河川に持ち込めば、天ぷらが絶品なハゼ釣りに使用できます。
最近では、小さなクランクベイトを使用した通称“ハゼクラ”が首都圏を中心に流行中。

ハゼクラ縄張り意識の強いハゼの習性を利用したもので、食わせるのではなく口を使って攻撃してきたところを掛けるというかなりゲーム性の高い釣りです。
アジングで使っているジグでも釣ることはできますが、アジンガーたるもの難易度は高いに越したことはありませんよね。

ウミタナゴ

ウミタナゴ

三八上北地方では春の風物詩でもあるウミタナゴ。餌を使ったウキ釣りが基本ですが、活性が上がる夜間はアジングの外道として釣れることがあります。
ちなみにトラヤは、虫ヘッドというジグヘッドにファミリーフィッシングで余った青イソメをセットして消化試合。

常夜灯がある所なら表層からボトムまでワラワラいますので、表層をちょっと早めに巻いてくれば食ってきます。
20cmオーバーともなると、小さな青物でもかかったような強烈な引きで楽しませてくれますよ。

ヒイカ(テクビイカ)

エギ

11月~4月がメインシーズンとされており、青森県では主に太平洋側の釣り物として人気です。
ちなみに日本海側と陸奥湾内では、ヒイカよりもアオリイカが人気。

アジングタックルやメバリングタックルに1.5~2号という小さめのエギをセットするため、“ライトエギング”と呼ばれて流行の兆しを見せています。
ヒイカは夜行性ですから、メインフィールドは常夜灯がある夜の漁港です。風を引かないように暖かい格好をして臨みましょう。

東北地方では冬のロックフィッシュゲームにも!

前項でメバルをピックアップしましたが、そもそも青森県ではメバルよりもソイのほうがメジャーですよね。
太平洋側ではクロソイの魚影が濃く、釣り物が少ない冬場のメインターゲットにしている方も少なくありません。

不意の大物

アジングタックルは小物しか狙えないかと思いきや、ちゃっかり不意の大物にも対応可能。30cmオーバーのソイとて例外ではありません。
ロックフィッシュを手返しよく狙うならベイトタックルが望ましいですが、取り回しの良さとファイトする面白さを求める方はぜひお試しあれ。

アジングタックルで釣ると何でも”大物”になるから面白い!

0.3号のPE(エステル)ラインでイナダを釣るとなると難易度は爆絶級(ほぼ無理ゲー)ですが、太め(3~5lb)のリーダーを結束することで40cmオーバーの大サバやロックフィッシュは釣ることができます。

外道のショゴ

▲カンパチ(ショゴ)とのファイトは最高に面白かった!

アジングタックルなら手軽にスリリングなファイトが味わえますから、「ジギングでボウズを連チャンでくらってる・・・」なんて方は気分転換にもってこいですよ。
小気味いい魚震をしっかり感じて、モチベーションアップにつなげましょう!

※無理のないセッティングを心がけましょう。ラインブレイクを頻発していては、海にゴミを投げ捨てているのと同じです。
※釣りをするときは安全のためにライフジャケットを着用しましょう。
※漁港では漁師さんの邪魔にならないように気をつけましょう。

【入門者向け】アジングタックルのおすすめ【ロッド/リール/ライン】