【釣具考察】スタイルに合うジグヘッドケースを考えてみる【ライトゲーム】

  • LINEで送る
リグケース

こんにちは、サイホクアジング編集部のトラヤです!
本日1月12日より数日間は気温がやや高めということで、年末から降り積もった雪が少しでも融けてくれるといいですね。

トラヤ
トラヤ
日中の気温がプラス域とか、釣りに行けって言われてる気がしますよね(勘違い

さて、今回はジグヘッドケースについて少し考えてみたいと思います。
各メーカーから様々な種類が販売されていますので、自分にピッタリのものを探してより快適に釣り活しましょう!

ジグヘッドケースの正解は自分次第!

ジグヘッドケース

アジンガーなら誰しも1つは持っているであろうジグヘッドケースリグケース)。
好きなメーカーの物だったり釣友からおすすめされた物だったりと選んだ理由は様々あると思いますが、

トラヤ
トラヤ
それ、本当に使いやすいですか?

こんな質問をすると、「実はもうちょっとこうだったらいいなと・・・」「他の使った事ないからよくわからなかったりして・・・」なんて答えが結構返ってくるんですよね。
中には「特にこだわりがないので、必要なものが入れば何でもいいかなと」なんて方もいますが、使用頻度の高いツールなのでやっぱり使いやすいに越したことはありません。

自分の好みやスタイルにピタッとくるケースを見つけることができれば、アジングはより快適に、より楽しくなること間違いなし!
まずは求める条件を挙げていって、今使っているジグヘッドケースがどれだけ当てはまるかチェックしてみてくださいね。

セパレート派?それとも一体派?

一口にジグヘッドケースといっても、ワームも一緒に収納できる一体型と、ジグヘッドのみ収納できるセパレート型の2種類があります。
一体型のメリットは1つで完結するので持ち運びが楽ですが、デメリットとしてはケースにどうしても厚みが生じてしまったり、容量が限られてしまうことです。

一方のセパレート型はジグヘッドとワームを分けて収納するのでケースが薄いです。ただし、リグを替える際はそれぞれのケースを出してしまってとひと手間増えてしまうのがデメリットと言えます。
どちらも一長一短あるので完全に好み次第になりますが、初心者の方は一体型を選んでおけば間違いなさそうです。

ちなみに私トラヤが使っているのはMAGBITEの『マグタンク(M)』という小さめのタイプ。
容量はかなり限られますが、小さなポーチに入れて持ち運べるのでミニマルスタイルの方にはかなりおすすめ。

マグタンク(M)

▲防水仕様で海に落ちても浮くので、ネットさえあれば救出可能な優れもの!

マグタンクの中身

▲こちらはアジング用。ジグヘッドは2種類、重さは0.8・1.0・1.3・1.5gを用意。ワームは2種類各3色です。

同サイズで2個所持しているのは、メバリング(根魚)用アジング用にそれぞれ用意しているためです。
整理整頓は好きですし苦ではないにしても、小まめな入れ替えはやっぱり面倒くさいのでキッパリ分けてしまいました。

ジグヘッドケースは大きければいいってものでもない!

最初からこんなに小さいものを使っていたのかといえば、実はそういうわけでもありません。
アジングを始めたばかりのころは、メイホウの『ランガンケース3010W』にジグヘッドやワームをこれでもかと詰め込んで持ち歩いていました。

このケースは現在も使っていますが、3インチ以上のワームを使うロックゲーム用にしています。
10g前後のジグヘッドも入れていて、シーバスゲームでも活躍することがちらほら。

メイホウランガンケース3010

▲ワームやシンカー、フックがまるごと入って便利!

ランガンケース3010

▲たっぷり入るので、あれもこれもといった感じで詰め込んでます。

ケースが大きい=たくさんの選択肢が用意できるということでもありますが、場合によっては悩みの原因にもなってしまうことも。
「どのリグにしようかな・・・」と悩んでいると時間を無駄にしてしまいますし、選択肢があれば不調なときほど「あれもこれも・・・」と試したくなるのが人情というものです。

ある程度経験値があって状況に応じてスパッと選択できるならいいですが、もしもそうでないなら選択肢をあえて減らしてあげることで釣果がアップするかもしれませんよ?

デザインも重要!好み100%でモノ選びしよう!

愛用のマグタンク

釣りのオフシーズンである今、ツール選びをしっかりしておけば最高のスタートダッシュができるはず!
ということで今回は、アジングにおけるジグヘッドケースについて考えてみましたがいかがでしたでしょうか。

本来ならあれもこれも試してみて自分にピッタリのものを見つけるのが一番なのですが、そうも言ってられないのが趣味の世界。
まずは推しメーカーのものから1~2種類試して、しっくりこないなーと思ったら釣友の使っているものWebのレビューを参考に選ぶことをおすすめします。

保管用ジグヘッドケース

▲使わなくなったケースは、保管用にするとGood!

とはいえ趣味で使うツールですから、デザイン100%で選ぶというのも案外良いかもしれません。
結局のところ楽しく釣りができればいいので、基準はどうあれ「これがいい!」と思えるものに出会うことが大切なのではないでしょうか。

※釣りをするときは、安全のためにライフジャケットを必ず着用しましょう。
※漁師さん達の邪魔にならないようにしましょう!
※マナーを守って楽しく釣りましょう!

【リグ紹介】クロソイもジグ単がいいよね【港内編】